目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

夏時間への移行とスケジュール

夏時間への移行とスケジュール

Informatica Intelligent Cloud Services
は、隔週のタスクを除くすべてのタスクに夏時間の変更を適用します。
夏時間を有効にすると、午前2時00分 – 午前2時59分に実行するようにスケジュールされたタスクは、時刻が午前2時00分から午前3時00分に変更される日は実行されません。タスクが隔週で午前2時に実行するようにスケジュールされている場合は、時刻が変更される日の午前3時にそのタスクが実行され、次回は午前2時に実行されます。
夏時間により、標準時が開始されるときに午前1時00分 – 午前1時59分に実行するようにスケジュールされたタスクが再実行されることはありません。例えば、毎日午前1時半に実行するようにスケジュールされたタスクがあるとします。時刻が午前2時から午前1時に変更されても、このタスクが午前1時半に再実行されることはありません。
Informatica Intelligent Cloud Services
で午前2時前後の時刻変更時にスケジュールされた実行がスキップされないようにするため、午前12:59から午前3:01の間はジョブの実行をスケジュールしないでください。