目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

SQLコマンドの前処理と後処理

SQLコマンドの前処理と後処理

タスクの前後に、SQLコマンドを実行できます。例えば、タスクが実行される前に、SQLコマンドを使用してターゲットのインデックスを削除し、タスクの完了後にインデックスを再作成できます。
データ統合
ではSQLは検証されません。
SQLコマンドを作成するときは、次のルールおよびガイドラインに従います。
  • そのデータベースタイプで有効な任意のコマンドを使用します。ただし、
    データ統合
    では、データベースで許可されている場合でも、ネストされたコメントは許可されません。
  • 複数の文を区切るにはセミコロン(;)を使用します。
    データ統合
    は、各文の後にコメントを発行します。
  • データ統合
    は、コメント内のセミコロンを無視します。コメントの外部でセミコロンを使用する必要がある場合は、バックスラッシュ(\)でエスケープできます。