目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マッピングタスクの定義

マッピング
タスクの定義

  1. マッピング
    タスクを作成するには、
    [新規]
    [タスク]
    をクリックし、次のいずれかの手順を実行します。
    • マッピングに基づいて
      マッピング
      タスクを作成するには、
      [マッピングタスク]
      を選択し、
      [作成]
      をクリックします。
    • テンプレートを使用して
      マッピング
      タスクを作成するには、適切なテンプレートカテゴリを展開し、使用するテンプレートを選択して、
      [作成]
      をクリックします。
    マッピング
    タスクを編集するには、
    [参照]
    ページで
    マッピング
    タスクに移動します。タスクが含まれている行で、
    [アクション]
    をクリックし、
    [編集]
    を選択します。
  2. 次のフィールドを設定します。
    フィールド
    説明
    タスク名
    タスクの名前。
    タスク名には、英数字、スペース、および以下の特殊文字を含めることができます。_ .+ -
    最大長は100文字です。タスク名では大文字と小文字が区別されません。
    場所
    タスクが存在するプロジェクトフォルダ。
    Explore
    (参照)]ページが現在アクティブになっていて、プロジェクトまたはフォルダが選択されている場合、アセットのデフォルトの場所はその選択されているプロジェクトまたはフォルダです。そうでない場合、デフォルトの場所は直近で保存されたアセットの場所です。
    説明
    タスクの説明。
    最大長は4000文字です。
    ランタイム環境
    タスクを実行するSecure Agentが存在するランタイム環境。
    タスクがSQL ELTモードまたは詳細モードのマッピングに基づいている場合、サブ組織では、親組織によって共有されるSecure Agentグループでマッピングタスクを実行することはできません。
    次に基づくタスク
    タスクのベース。[マッピング]
    または[Visioテンプレート]
    を選択します。
    マッピング
    タスクに関連付けられているマッピング。
    マッピングに基づいて
    マッピング
    タスクを作成する場合は、次の手順を実行します。
    1. [選択]
      をクリックし、使用するマッピングに移動します。
    2. マッピングを選択し、
      [選択]
      をクリックします。
    マッピング
    タスクテンプレートを使用している場合、
    マッピング
    タスクテンプレートが基になっているマッピングテンプレートの名前は、
    [マッピング]
    フィールドに表示されます。デフォルトでは、マッピングは
    マッピング
    タスクと同じフォルダに保存されます。必要に応じて、次の手順を実行します。
    1. [マッピング]
      フィールドで、マッピングの名前を変更します。
    2. マッピングを別のフォルダに保存するには、
      [参照]
      をクリックします。
    Visioテンプレート
    タスクに関連付けられているVisioテンプレート。組織にインポートされた任意のVisioテンプレートを選択できます。
    Visioテンプレートを選択するには、
    [選択]
    をクリックします。
    [Visioテンプレートの選択]
    ダイアログボックスには、テンプレートが200個まで表示されます。使用するオブジェクトが表示されない場合は、検索文字列を入力して表示されるオブジェクトの数を減らしてください。
    Visioテンプレートを選択し、
    [OK]
    をクリックします。
    テンプレートイメージファイルが含まれるVisioテンプレートを選択すると、Visioテンプレート名の下にイメージファイルが表示されます。
  3. [次へ]
    をクリックします。