目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

ソースの設定

ソースの設定

[ソース]
ページは、タスクのベースに応じて表示が異なります。マッピングにソースパラメータが含まれていない場合、
[ソース]
ページは表示されません。
接続タイプとマッピング設定に基づいて、1つまたは複数のソースオブジェクトを追加できます。ソースフィルタを設定することもできます。
ソースを構成した後で、構成を検証します。
マッピングで接続パラメータが指定されており、
マッピング
タスクを作成した後でマッピングを編集してソースオブジェクトを変更した場合、タスクを編集しなければならない場合があります。
マッピング
タスクで特定の接続をチェックし、再設定が必要がどうか判断し、再度タスクを検証します
  1. [ソース]
    ページで必要に応じて次の詳細を構成します:
    詳細なソースパラメータ
    説明
    接続
    接続を選択します。
    Visioテンプレートについては、使用可能な接続のリストは、ランタイム環境に関連付けられている接続と、Visioテンプレートで許可される接続タイプに応じて異なります。
    オブジェクト
    ソースオブジェクトを選択してください。
    オブジェクトのリストが表示されない場合は、
    [選択]
    をクリックします。
    [ソースオブジェクトの選択]
    ダイアログボックスには、オブジェクトが200個まで表示されます。使用するオブジェクトが表示されない場合は、検索文字列を入力して表示されるオブジェクトの数を減らしてください。
    ソースの詳細プロパティを設定するには、
    [詳細]
    をクリックします。接続タイプによっては使用できないものもあります。利用可能なプロパティは、接続タイプによって異なります。
    詳細プロパティを編集する場合、個々のプロパティまたはすべての詳細プロパティをデフォルト値に戻すことができます。デフォルト値は、タスクの基になるマッピングに定義されています。
    特定のコネクタのプロパティについては、該当するコネクタのヘルプを参照してください。
    オブジェクトフィールド名を数字で始めることはできません。
    現在処理されているファイル名を追加
    各行にソースファイル名を追加します。
    データ統合
    で、実行時にCurrentlyProcessedFileNameフィールドがソースに追加されます。
    フラットファイル接続のパラメータ化されたソースオブジェクトで使用できます。
    ラベルの代わりに技術フィールド名を表示する
    ビジネス名の代わりに技術名を表示します。
    接続タイプによっては使用できないものもあります。
    ソースフィールドをアルファベット順に表示する
    ソースフィールドをアルファベット順に表示します。
    デフォルトでは、ソースシステムによって返される順序でフィールドが表示されます。
  2. パラメータ化されたソースオブジェクトの場合は、必要に応じてフィールドメタデータを設定します。
    特定の接続タイプのソースに対してフィールドメタデータを設定できます。コネクタがフィールドメタデータ設定をサポートしているかどうかを確認するには、該当するコネクタのヘルプを参照してください。
    SQL ELTモードのマッピングに基づくマッピングタスクでフィールドメタデータを更新することはできません。
    フィールドメタデータを設定するには、
    [タイプの編集]
    をクリックします。
    [フィールドデータ型の編集]
    ダイアログボックスで、次の属性を設定して
    [OK]
    をクリックします。
    データ型属性
    説明
    実行時に既存フィールドを保持
    有効にすると、タスクはタスクで設定されているフィールドメタデータを使用します。
    タスクの保存後にフィールドメタデータが変更された場合、
    データ統合
    は更新されたフィールドメタデータを使用します。通常、これは適切な動作です。ただし、タスクでフラットファイル接続を使用しており、設計時に使用したメタデータを保持する場合は、このオプションを有効にします。
    データ型
    フィールドのデータ型。
    精度
    数値の全桁数。例えば、数値123.45の精度は5です。
    精度は1以上でなければなりません。
    スケール
    数値の小数点の右側の桁数。例えば、数値123.45のスケールは2です。
    スケールは0以上でなければなりません。
    数値のスケールは、その精度より小さい値にする必要があります。
    数値のデータ型の最大スケールは65535です。
    すべてのデータ型で編集できるわけではありません。
  3. 必要に応じて、クエリオプションを設定します。
  4. Visoテンプレートについては、必要に応じてルックアップの詳細を構成します。
    ルックアップの詳細は、ルックアップで接続またはオブジェクトを必要とし、そのルックアップがこのページに表示されるように設定されている場合に表示されます。ルックアップオブジェクトを選択する必要がある場合は、リストからオブジェクトを選択します。リストが表示されない場合は、
    [選択]
    をクリックします。
    接続タイプによっては、
    [詳細]
    をクリックして接続の詳細プロパティを設定できます。
    接続タイプによっては、
    [ラベルの代わりに技術フィールド名を表示する]
    を選択して、ビジネス名の代わりに技術名を表示することができます。
    フィールドをアルファベット順に表示するには、
    [ルックアップフィールドをアルファベット順に表示する]
    をクリックします。
  5. 必要に応じて、マップレットの詳細を設定します。
    マップレットの詳細は、マップレットで接続を必要とし、そのマップレットがこのページに表示されるように設定されている場合に表示されます。
    接続タイプによっては、
    [ラベルの代わりに技術フィールド名を表示する]
    を選択して、ビジネス名の代わりに技術名を表示することができます。
    フィールドをアルファベット順に表示するには、
    [マップレットフィールドをアルファベット順に表示する]
    をクリックします。
  6. 必要に応じて、ストアドプロシージャの詳細を設定します。
    ストアドプロシージャの詳細は、ストアドプロシージャで接続を必要とし、そのストアドプロシージャがこのページに表示されるように設定されている場合に表示されます。
  7. ソース接続をテストするには
    [検証]
    をクリックします。
  8. [次へ]
    をクリックします。