目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

入力または入出力パラメータの設定

入力または入出力パラメータの設定

  1. マッピングに基づくタスクの場合は、
    [入力パラメータ]
    または
    [入出力パラメータ]
    ページで、表示するパラメータを設定します。
    マッピングのデータフローによっては、タスクウィザードでその他のパラメータを表示できるようにする前に、特定のパラメータを設定する必要があります。
    マッピングでの入出力パラメータと入力パラメータの使用の詳細については、「
    マッピング
    」を参照してください。
  2. Visioテンプレートに基づくタスクの場合は、
    [入力パラメータ]
    ページで、必要に応じて共有接続の詳細を設定します。
    論理接続は、
    [共有接続の詳細]
    領域に表示されます。
    論理接続が複数のオブジェクトに関連付けられている場合は、論理接続を選択し、それから各オブジェクトを選択します。
    論理接続がウィザードの他のページのオブジェクトと関連付けられている場合、同じ名前の論理接続では、必ず同じ接続を使用してください。
  3. 必要に応じて、ルックアップの詳細を設定します。
    ルックアップの詳細は、ルックアップで接続またはオブジェクトを必要とし、そのルックアップがこのページに表示されるように設定されている場合に表示されます。ルックアップオブジェクトを選択する必要がある場合は、リストからオブジェクトを選択します。オブジェクトのリストが表示されない場合は、
    [選択]
    をクリックします。
    一部の接続タイプでは、
    [詳細]
    をクリックして接続の詳細プロパティを設定します。詳細については、
    「接続」
    を参照してください。
    接続タイプによっては、
    [ラベルの代わりに技術フィールド名を表示する]
    を選択して、ビジネス名の代わりに技術名を表示することができます。
    フィールドをアルファベット順に表示するには、
    [ルックアップフィールドをアルファベット順に表示する]
    をクリックします。
  4. 必要に応じて、マップレットの詳細を設定します。
    マップレットの詳細は、マップレットで接続を必要とし、そのマップレットがこのページに表示されるように設定されている場合に表示されます。
    接続タイプによっては、
    [ラベルの代わりに技術フィールド名を表示する]
    を選択して、ビジネス名の代わりに技術名を表示することができます。
    フィールドをアルファベット順に表示するには、
    [マップレットフィールドをアルファベット順に表示する]
    をクリックします。
  5. 必要に応じて、ストアドプロシージャの詳細を設定します。
    ストアドプロシージャの詳細は、ストアドプロシージャで接続を必要とし、そのストアドプロシージャがこのページに表示されるように設定されている場合に表示されます。
  6. 必要に応じて、残りのテンプレートパラメータを定義します。
    文字列テンプレートのパラメータは、Visioテンプレートに基づいて個別に表示されます。次の表に、プロンプトタイプに基づいて文字列テンプレートパラメータを定義する方法を示します。
    プロンプトタイプ
    説明
    テキストボックス
    任意の有効な値を入力します。
    空白スペースは使用できません。また、先頭と末尾のスペースは実行時に削除されます。
    [データフィルタ]ダイアログボックス
    テンプレートパラメータを定義するには、
    [新規]
    をクリックします。
    簡単なデータフィルタを作成するには、
    [データフィルタ]
    ダイアログボックスでカラムおよび演算子を選択し、使用する値を入力します。
    詳細なデータフィルタを作成するには、
    [詳細]
    をクリックします。使用するフィールド式を入力して、
    [OK]
    をクリックします。
    テンプレートパラメータがデータフィルタですでに定義されている場合は、新しいデータフィルタを作成する前に既存のデータフィルタを削除します。
    ソースファイルに含まれるテンプレートパラメータの場合は、詳細なデータフィルタを使用します。
    [フィールド式]ダイアログボックス
    テンプレートパラメータを定義するには、
    [新規]
    をクリックします。
    [フィールド式]
    ダイアログボックスに、使用する式を入力して、
    [OK]
    をクリックします。
    フィールド式の設定の詳細については、フィールド式を参照してください。
    フィールドリスト
    テンプレートパラメータを定義するには、リストからフィールドを選択します。
    [フィールドマッピング]ダイアログボックス
    テンプレートパラメータを定義するには、使用するフィールドマッピングを設定します。
    • 左側の表には、ソース、マップレット、およびルックアップからのフィールドを表示できます。右側の表には、複数のターゲットからのフィールドの他に、マップレットとルックアップも表示できます。
      オブジェクトリストを使用して、異なるオブジェクトからのフィールドを表示します。
      デフォルトでは、すべての表示可能なフィールドが表示されます。
    • 同じ名前のフィールドと一致させるには、
      [オートマッチ]
      [厳密フィールド名]
      の順にクリックします。または、類似する名前のフィールドと一致させるには、
      [オートマッチ]
      [スマートマッチ]
      の順にクリックします。
    • ソースフィールドを選択して、該当するターゲットフィールドにドラッグすることもできます。
    • すべてのフィールドマッピングをクリアするには、
      [マッピングのクリア]
      をクリックします。
    • マッピングされたフィールドをクリアするには、ターゲットフィールドの
      [マッピングされたフィールドをクリア]
      アイコンをクリックします。
    複数のターゲットが存在するタスクでターゲットフィールドをマッピングする場合は、その他のターゲットに含まれる一致フィールドもすべてマッピングします。一致フィールドは、名前、データ型、精度、およびスケールが同じフィールドです。
    ターゲットフィールドの名前が同じでも、データ型、精度、またはスケールが異なる場合は、ターゲットフィールドの1つをマッピングできます。
    ルックアップからのフィールドが表示されない場合は、ルックアップ接続とオブジェクトを設定し、タスクを保存して、タスクを再び編集します。
    カスタムドロップダウン
    テンプレートパラメータを定義するには、リストからオプションを選択します。
  7. [次へ]
    をクリックします。