目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

フィールドメタデータ

フィールドメタデータ

特定の接続タイプを持つパラメータ化されたソースおよびルックアップオブジェクトのタイプ、精度、スケールなどのフィールドメタデータを表示および編集できます。
フィールドメタデータを表示および編集するには、
マッピング
タスクウィザードの適切なページにある
[タイプの編集]
オプションを使用します。ソースフィールドのメタデータは
[ソース]
ページで、ルックアップフィールドのメタデータは
[入力パラメータ]
ページで設定します。
タスクでフィールドメタデータを編集し、タスクの保存後にフィールドメタデータが変更された場合、
データ統合
では更新されたメタデータが使用されます。通常、これは適切な動作です。ただし、タスクでフラットファイル接続を使用しており、設計時に使用したメタデータを保持する場合は、
[実行時に既存フィールドを保持]オプション
を有効にします。
SQL ELTモードのマッピングに基づくマッピングタスクでフィールドメタデータを更新することはできません。
コネクタがフィールドメタデータ設定をサポートしているかどうかを確認するには、該当するコネクタのヘルプを参照してください。