目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

継続的なチューニング

継続的なチューニング

継続的なチューニングを有効にして、
マッピング
タスクのすべての実行をサイレントで監視し、Sparkプロパティを長期間継続して調整します。
例えば、開発環境で
マッピング
タスクを設計し、初期チューニングを実行したとします。
マッピング
タスクを本番環境に移行する場合、プロダクションの負荷は日々変化すると予想されます。継続的なチューニングを実行することで、さまざまなパラメータの分析とSparkプロパティの調整が行われます。
継続的なチューニング中に、CLAIREは
マッピング
タスクのすべての実行を分析します。調整されたSparkプロパティにより、
マッピング
タスクで設定したSparkプロパティ値がオーバーライドされます。調整されたSparkプロパティの値は、Sparkドライバおよびエージェントのジョブログで確認できます。
継続的なチューニングを有効にしてマッピングタスクをコピーまたはインポートすると、
マッピング
タスクで設定したSparkプロパティから継続的なチューニングが再起動されます。