目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

正確な推奨事項を取得するためのガイドライン

正確な推奨事項を取得するためのガイドライン

次のガイドラインを使用して、チューニングジョブ中に正確な推奨事項を取得します。
  • マッピング
    タスクが処理するデータの実際の量に厳密に一致するサンプルデータを使用します。
  • マッピングロジックがターゲット内の重複データを処理することを確認します。チューニングジョブは、ターゲットにデータを複数回書き込みます。
  • マッピング
    タスクをチューニングする前に適切なSparkプロパティを構成して、クラウド環境にリソース制限を設定します。使用中のクラウドサービスプロバイダは、使用するリソースの料金を実行ごとに請求するとします。
    例えば、Sparkドライバに4 GBのみが割り当て可能であると分かっている場合は、
    マッピング
    タスクで
    spark.driver.memory=4G
    と設定します。CLAIREは、定義済みのSparkプロパティを適用して、他のSparkプロパティに対するチューニングの推奨事項を作成します。