目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

メタデータの更新

メタデータの更新

マスキング
タスクを作成するときに、タスクはソースおよびターゲットメタデータをインポートします。時間の経過により、Salesforceオブジェクトを更新したり、オブジェクトを追加または削除する場合があります。
マスキング
タスクのオブジェクトを追加または削除する場合もあります。
Salesforceオブジェクトまたはタスク内のオブジェクトへの変更により、タスクの作成時にインポートされたメタデータが古くなっている可能性があります。
同じ
マスキング
タスクを一定間隔で実行する場合、タスクにインポートされたメタデータが最新ではない可能性があります。
マスキング
タスクがオブジェクト間の関係を定義し、マスク出来るフィールドを決定するには、最新のメタデータが必要です。
マスキング
タスクは、Salesforceソースおよびターゲットで更新されたメタデータを使用しないと、失敗する事があります。
マスキング
タスクを実行して、タスク内のソースおよびターゲットメタデータが最新である事を確認する前に、メタデータを更新出来ます。メタデータの更新に必要な時間は、オブジェクトの数、待ち時間およびSalesforce APIの応答時間により異なる事があります。
マスキング
タスク内のメタデータは次のいずれかの方法で更新出来ます。
タスクを編集せずにメタデータを更新する
タスクを編集せずにメタデータを更新する場合、更新は独立したジョブとして実行されます。
マスキング
タスクのインスタンスの実行と、タスクのメタデータの更新を同時に行う事は出来ません。任意の時点で更新ジョブが失敗すると、メタデータは更新されません。そのため、ソースメタデータとターゲットメタデータの整合性は維持されます。
[参照]
ページのタスクのリストから、またはタスクビューページから、タスクを編集せずにメタデータを更新します。
[マイジョブ]
ページでは、更新ジョブの進捗状況とステータスを表示出来ます。
マスキング
タスク内からのメタデータの更新
マスキング
タスクを作成または更新するときに、
マスキング
タスク内からソースおよびターゲットフィールドを更新出来ます。作成タスクおよび編集タスクワークフロー内の
[ターゲット]
ページにはフィールドを更新するためのオプションが含まれています。更新中に、更新の進行状況の表示や、別のタスクの実行は出来ません。更新が完了してから、
マスキング
タスクの作成または更新および保存を続行出来ます。更新プロセスは、オブジェクトの数およびメタデータのサイズにより、時間がかかる場合があります。
更新するオブジェクトの数に基づき、メタデータの更新方法を選択します。ベストプラクティスとして、多くのオブジェクトを更新する必要がある場合、タスクを編集せずにメタデータを更新する事が推奨されます。より少ないオブジェクトやより小さいメタデータを更新する場合は、タスク内からメタデータを編集出来ます。