目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

ステージングデータベース

ステージングデータベース

マスキング
タスクでデータサブセット操作を実行することができます。H2は、データサブセットのステージングに使用するデータベースです。
マスキング
タスクは、H2データベースを使用して、レコードID、単純なエンティティのデータサブセット、連結オブジェクトを含むエンティティ、マルチパスリレーション、ルックアップベースのリレーション、およびマスキングフィールドをステージングします。
H2ステージングデータベースインストーラはSecure Agentに付属しています。H2パッケージインストーラを実行すると、ステージング接続をインストールできます。
マスキング
タスクウィザードの
[スケジュール]
ページからステージングデータベース接続を開始することも、H2起動スクリプトを手動で実行することもできます。
サブセットレコードカウントはログで表示できます。タスクは、ステージングデータベースからサブセットに対して選択されたレコードIDを読み取り、標準APIを使用してソースからこれらのレコードを読み取ります。タスクは標準またはBulk APIを使用してターゲットにデータをロードします。