目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

Windowsでの手動によるH2データベースのインストールと設定

Windowsでの手動によるH2データベースのインストールと設定

Secure Agentをインストールした後で、Secure Agentに付属するH2ステージングデータベースインストーラを実行する必要があります。
Informatica Intelligent Cloud Services
で、H2データベースに接続するための接続を作成する必要があります。
  1. 次の場所を参照します。
    <Secure Agent installation directory>\apps\Data_Integration_Server\$version\ICS\main\tomcat\cmask
  2. h2_start.bat
    起動スクリプトを実行します。
    データベースが起動し、Informatica Cloudで接続を設定するために必要なパラメータがコマンドプロンプトに表示されます。コマンドプロンプトを開いたままにします。
  3. Informatica Intelligent Cloud Services
    にログインします。
  4. 次のいずれかの手順に従います。
    • 管理者
      で[接続]を選択します。
    • データ統合
      でタスク内のソースまたはターゲットオブジェクトを開きます。
  5. [新しい接続]
    をクリックします。
    [新しい接続]
    ページが表示されます。
  6. H2データベースの接続名を入力します。
    接続名では大文字と小文字は区別されません。接続名には、英数字、スペース、および次の特殊文字を含めることができます。
    _ . + -
  7. 必要に応じて、接続の説明を入力します。最大長は255文字です。
  8. JDBC_IC(Informatica Cloud)
    接続タイプを選択します。
    JDBC_IC接続プロパティが表示されます。
  9. マスキング
    タスクを実行するSecure Agentグループを入力します。
  10. コマンドプロンプトに表示されるJDBC接続URLを入力します。
  11. コマンドプロンプトに表示されるJDBC jarディレクトリへのパスを入力します。
  12. データベーススキーマを入力します。
  13. コマンドプロンプトに表示される、H2データベースに接続するためのユーザー名とパスワードを入力します。
  14. 接続をテストするには、
    [テスト接続]
    をクリックします。
  15. 接続を作成するには、
    [保存]
    をクリックします。