目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

ロードタイプ

ロードタイプ

ロードタイプによって、
レプリケーション
タスクがソースからターゲットにデータをレプリケートするときに使用する操作のタイプが決まります。
データをレプリケートする際には、次のいずれかのロードタイプを使用します。
最初の完全なロードの後での増分ロード
レプリケーション
タスクが最初に実行されるときには、完全なロードを実行し、ソースのすべての行をレプリケートします。2回目以降の各実行で、
レプリケーション
タスクは増分ロードを実行します。増分実行では、
レプリケーション
タスクは、更新/挿入操作を実行して、前回のタスク実行以降に変更された行をレプリケートします。このロードタイプは、タスクでSalesforceソースとデータベースターゲットを使用するときに指定できます。
最初の部分的なロードの後での増分ロード
このロードタイプでは、
レプリケーション
タスクは常に増分実行となります。
レプリケーション
タスクは、初回実行時に、指定された時点以降に作成または変更された行を処理します。
レプリケーション
2回目以降の実行では、
レプリケーション
タスクは、前回のタスク実行以降に変更された行をレプリケートします。このロードタイプは、タスクでSalesforceソースとデータベースターゲットを使用するときに指定できます。
実行ごとに完全なロード
レプリケーション
タスクは、各実行中にタスク内のソースオブジェクトのすべての行をレプリケートします。このロードタイプは、タスクでSalesforceまたはデータベースソースとデータベースまたはフラットファイルターゲットを使用するときに指定できます。
増分ロードについては、「Salesforce コネクタ」のヘルプを参照してください。