目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

スケジュールと詳細オプションの設定

スケジュールと詳細オプションの設定

タスクウィザードの
[スケジュール]
ページで、
レプリケーション
タスクのスケジュールと詳細オプションを設定します。
  1. [スケジュール]
    ページで、スケジュールに従ってタスクを実行するかどうかを選択します。
  2. スケジュールに従ってタスクを実行するには、
    [このタスクは指定したスケジュールを使用する]
    をクリックし、使用するスケジュールを選択します。
    新しいスケジュールを作成するには、
    [新規]
    をクリックします。スケジュールの詳細を入力して、
    [OK]
    をクリックします。
    スケジュールからタスクを削除するには、
    [このタスクはスケジュールを使用しない]
    をクリックします。
  3. 必要に応じて、タスクをサーバーレスランタイム環境で実行する場合は、サーバーレス使用プロパティを設定します。
  4. タスクの電子メール通知オプションを設定します。
  5. 必要に応じて、高度なオプションを入力します。
    高度なオプション
    説明
    高精度計算
    計算フィールドで、最大28の精度を使用できるようになります。
    Salesforce計算フィールドに推奨されます。
    Floatセマンティックを使用する
    有効にすると、タスクでターゲットに固有の浮動小数点データ型が使用されます。
    前処理コマンド
    タスクの前に実行するコマンド。
    後処理コマンド
    タスクの完了後に実行するコマンド。
    ログファイルの最大数
    保持するセッションログファイルとインポートログファイルの数。デフォルトでは、
    データ統合
    は各タイプのログファイルを10回の実行まで保存し、その後の新しい実行ではログファイルを上書きします。
  6. タスクを標準実行モードで実行するか、Verbose実行モードで実行するかを選択します。
    Verboseモードを選択すると、マッピングにより、トラブルシューティングに使用できる追加データがログ内に生成されます。Verbose実行モードは、トラブルシューティングの目的でのみ選択することをお勧めします。Verbose実行モードは、生成されるデータ量が原因で、パフォーマンスに影響を及ぼします。
  7. [完了]
    をクリックします。