目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

レプリケーションの前提条件タスク

レプリケーション
の前提条件タスク

次の前提条件タスクを完了してから、
レプリケーション
タスクを作成します。
  1. データベースターゲットが存在することを確認します。
    データベースターゲットにデータをレプリケートするには、
    レプリケーション
    タスクを作成する前に、データベースターゲットが存在している必要があります。データベースが存在しない場合は、データベース管理者がターゲットデータベースを作成する必要があります。データベースでは最低システム要件を満たす必要があります。
  2. データベースユーザーを作成します。
    データをデータベースターゲットにレプリケートするには、データベース管理者がデータベースユーザーアカウントをターゲットデータベースに作成する必要があります。各データベースユーザーアカウントには、CREATE、DELETE、DROP、INSERT、SELECT、UPDATEの特権が必要です。各
    レプリケーション
    タスクがそのデータベースに書き込みを行う場合は、データベースユーザーアカウントが必要です。複数の
    レプリケーション
    タスクには、同じデータベースユーザーアカウントを使用できます。複数のグループに同じデータベースユーザーアカウントを使用する場合は、
    レプリケーション
    タスクが同一ターゲットテーブルでデータを上書きしないことを確認してください。
  3. フラットファイルのディレクトリを作成します。
    データをフラットファイルにレプリケートするには、ディレクトリを作成してフラットファイルを保存します。
  4. 必要に応じて、スケジュールを作成します。
    指定した時刻または定期的な間隔で
    レプリケーション
    タスクを実行するには、スケジュールを作成します。