目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

同期タスクのソース

同期
タスクのソース

同期
タスクへのソースの追加は、タスクの設定時またはデータカタログ検出の実行時に行えます。タスクの設定時にソースを追加する場合、ソース接続がデータベース接続である場合は、単一のオブジェクトまたは複数の関連オブジェクトを追加できます。
同期
タスクへのソースの追加は、次の方法で実行できます。
タスクの設定時
同期
タスクを設定する際に、ソース接続とソースオブジェクトを
[ソース]
タブで選択します。
ソース接続がデータベース接続の場合は、単一のオブジェクトをソースとして使用するか、複数の関連オブジェクトをソースとして使用できます。キーカラムに基づいてリレーションを定義したり、ユーザー定義の結合条件を作成したりできます。
データカタログ検出を使用
組織の管理者によってEnterprise Data Catalogの統合プロパティが設定されている場合は、データカタログ検出を実行して、カタログ内のソースオブジェクトを検索できます。
[Data Catalog]
ページでソースオブジェクトを検索し、検索結果で選択したオブジェクトを新しい
同期
タスクに追加します。