目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

データフィルタの設定

データフィルタの設定

データフィルタを使用すると、
同期
タスクがタスク用に読み込むソース行数を削減できます。デフォルトでは、
同期
タスクは、すべてのソース行を読み込みます。
  1. [データフィルタ]
    ページで、ソースのすべての行を読み込むのか、ソースの先頭の何行かを読み込むのかを選択します。
    • すべての行を読み込むには、
      [すべての行を処理]
      を選択します。
    • 先頭の何行かを読み込むには、
      [最初の...行のみを処理]
      を選択して、行数を入力します。
  2. データフィルタを作成するには、
    [新規]
    をクリックします。
    • 簡単なデータフィルタを作成するには、ソースカラムと演算子を選択します。使用する値を入力して
      [OK]
      をクリックします。
    • 詳細なデータフィルタを作成するには、
      [詳細]
      をクリックします。使用するフィールド式を入力して、
      [OK]
      をクリックします。
    データフィルタでは、パラメータファイルに定義したパラメータを使用できます。データフィルタにパラメータを使用する場合は、データフィルタの先頭にパラメータを指定するようにします。例えば、
    100000 > $$Sales
    の代わりに、
    $$Sales < 100000
    を使用します。
    データフィルタを削除するには、
    [削除]
    をクリックします。
  3. [次へ]
    をクリックします。