目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

フィールドマッピング

フィールドマッピング

同期
タスクでフィールドマッピングを構成し、ソースカラムをターゲットカラムとマッピングします。
同期
タスクウィザードの
[フィールドマッピング]
ページでフィールドマッピングを構成します。
少なくとも1つのソースカラムを1つのターゲットカラムにマッピングする必要があります。互換性のあるデータ型のカラムをマッピングするか、データ型を適切に変換するフィールド式を作成します。
同期
タスクでは、タスク操作に応じて、特定のフィールドをフィールドマッピングに含める必要があります。デフォルトでは、
同期
タスクは必須フィールドをマッピングします。フィールドマッピングを設定する場合、必須フィールドが必ずマッピングされるようデフォルトのままにします。必須フィールドをマッピングしないと、
同期
タスクは失敗します。
次の表は、データベースターゲットに適用される各タスク操作に必要なフィールドを示しています。
必須フィールド
タスク操作
説明
プライマリキー
削除
更新
更新/挿入
プライマリキーカラムをマッピングして、
同期
タスクが、データベースターゲットで削除、更新、または更新/挿入するレコードを特定できるようにします。
非NULLフィールド
挿入
更新
更新/挿入
データベースでNULLにできないすべてのフィールドをマッピングします。
フィールドマッピングを設定する際には、次のタスクも実行できます。
  • フィールドのデータ型を編集する。
  • フィールドマッピングにマップレットを追加する。
  • ルックアップを作成する。