目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

同期タスクにおけるOracleターゲット

同期タスクにおけるOracleターゲット

同期
タスクでは、ターゲットとして単一のオブジェクトを使用できます。
次の表に、Oracleターゲットのプロパティを示します。
プロパティ
説明
接続
アクティブなターゲット接続の名前。
ターゲットオブジェクト
接続.で使用可能なターゲットオブジェクトの名前。
ターゲットのトランケート
[ターゲットのトランケート]
オプションを有効化すると、Secure Agentではテーブルをトランケートします。デフォルトはfalseです。
ターゲットの一括ロードの有効化
Oracle bulk APIを使用して、データをバルクモードでOracleに書き込みます。
デフォルトでは選択されていません。
ターゲットフィールドをアルファベット順に表示
ターゲットフィールドをアルファベット順に表示します。デフォルトでは、ターゲットシステムによって返される順序でフィールドが表示されます。