目次

Search

  1. はじめに
  2. Oracleコネクタの概要
  3. Oracle接続
  4. Oracleコネクタを使用した同期タスク
  5. Oracleコネクタを使用したマッピングとマッピングタスク
  6. レプリケーションタスク
  7. トラブルシューティング
  8. 付録 A: データ型リファレンス

Oracleコネクタ

Oracleコネクタ

レプリケーションタスクでのOracleソース

レプリケーションタスクでのOracleソース

ソースオブジェクトをデータベースにレプリケートするとき、
レプリケーション
タスクは、ソースオブジェクトと同じ名前のデータベーステーブルにデータをレプリケートします。
次の表に、
レプリケーション
タスクのOracleソースのプロパティを示します。
プロパティ
説明
ソース接続
アクティブなソース接続の名前。ソース接続を選択するか、新しい接続を作成します。
レプリケートするオブジェクト
レプリケートするソースオブジェクト。次のオプションから選択してオブジェクトをレプリケートします。
  • すべてのオブジェクト
  • オブジェクトを含む
  • オブジェクトを除外する
オブジェクトの処理中にエラーが発生した場合
エラーが発生した場合にプロセスを実行するか終了するかを決定します。