目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

カタログ検索

カタログ検索

[データカタログ]
ページで検索を使用して、Enterprise Data Catalogオブジェクトを検索します。
[検索]
フィールドにオブジェクト名、名前の一部、またはオブジェクトに関連付けられているキーワードを入力して、検索アイコンをクリックします。
データ統合
は、検索条件に一致するカタログ内のすべてのテーブル、ビュー、およびフラットファイルを返します。
検索フレーズでは
*
および
?
ワイルドカード文字を使用できます。例えば、文字列「Cust」で始まるオブジェクトを検索するには、
[検索]
フィールドに「
Cust*
」と入力します。
キーワード検索を入力することもできます。例えば、
[検索]
フィールドに「
tables with order
」と入力すると、
データ統合
は名前または説明に「order」を含むテーブル、関連するビジネス用語「order」を含むテーブル、および「order」データドメインが推測されるまたは割り当てられている列を含むテーブルを返します。
Enterprise Data Catalogの検索と検索結果の詳細については、Enterprise Data Catalogのドキュメントを参照してください。
次の図は、検索フレーズとして「tables with order」を入力した場合の検索結果の例を示しています。
検索結果には、検索条件と一致するカタログオブジェクトが一覧表示されます。検索結果のフィルタリング、オブジェクト詳細の表示および非表示、オブジェクトのソート、フィルタの適用または削除、およびマッピング、同期タスク、またはファイル取り込みタスクで使用するオブジェクトの選択を行うことができます。
  1. 検索結果をフィルタリングします。
  2. オブジェクト詳細を表示または非表示にします。
  3. 検索結果をソートします。
  4. すべてのフィルタを適用または削除します。
  5. 選択したオブジェクトを、マッピング、
    同期
    タスク、または
    ファイル取り込み
    タスクで使用します。
[検索結果]ページでは、次のアクションを実行できます。
検索結果をフィルタリングします。
フィルタを使用して、アセットタイプ、リソースタイプ、リソース名、行数、データドメイン、最終更新日で検索結果をフィルタリングします。
詳細を表示します。
オブジェクトの詳細を表示するには、
[詳細を表示]
をクリックします。
結果をソートします。
[ソート]
アイコンを使用して、関連性または名前で結果をソートします。
Enterprise Data Catalogでオブジェクトを開きます。
Enterprise Data Catalogでオブジェクトを開くには、オブジェクト名をクリックします。オブジェクトを表示するには、Enterprise Data Catalogのユーザー名とパスワードでEnterprise Data Catalogにログインする必要があります。
同期
タスク、
ファイル取り込み
タスク、またはマッピングでオブジェクトを使用します。
同期
タスク、
ファイル取り込み
タスク、またはマッピングでオブジェクトを使用するには、
[オブジェクトの使用]
をクリックします。オブジェクトがマッピングに有効なソース、ターゲット、ルックアップタイプの場合、またはタスクに有効なソースタイプの場合はオブジェクトを選択できます。例えば、新しい
同期
タスクのソースとして使用するためにOracleテーブルを選択することはできますが、Hiveテーブルを選択することはできません。
オブジェクトを選択すると
データ統合
プロンプトが表示されるので、オブジェクトを使用するタスクを選択し、接続が存在しない場合はインポートします。
接続プロパティは、オブジェクトタイプによって異なります。ほとんどの接続プロパティは、
データ統合
によってEnterprise Data Catalogのリソース構成からインポートされますが、接続名やパスワードなどその他の必須プロパティは入力する必要があります。
接続の設定後、または接続がすでに存在する場合、
データ統合
はオブジェクトを新しい
同期
タスク、
ファイル取り込み
タスク、または新規あるいは開いているマッピングのインベントリに追加します。