目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. マッピングチュートリアル
  4. パラメータ
  5. CLAIREの推奨事項
  6. データカタログ検出
  7. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

パラメータファイルに関するルールおよびガイドライン

パラメータファイルに関するルールおよびガイドライン

データ統合
はパラメータファイルの処理に次のルールを使用します。
  • パラメータファイルでパラメータが定義されていない場合、
    データ統合
    はタスクで定義されている値を使用します。
  • 実行時にオーバーライド可能なソースまたはターゲットのオブジェクトパラメータがマッピングで使用されており、既存のオブジェクトがタスクで選択されている場合、パラメータファイルのパラメータ値をNULLにすることはできません。値がNULLの場合、タスクは失敗します。
  • 詳細モードでは、パラメータファイルに入力パラメータ値を設定することはできません。入力パラメータ値に依存するパラメータファイル内の入出力パラメータをオーバーライドする場合は、
    マッピング
    タスクで設定する入力パラメータ値に基づいて、入出力パラメータ値が有効であることを確認してください。そうしないと、マッピングが失敗する可能性があります。
    例えば、ソース接続が入力パラメータで、ソーステーブルが入出力パラメータの場合、パラメータファイルで設定するテーブル名は、
    マッピング
    タスクで設定したソース接続に存在している必要があります。
  • データ統合
    はファイルをトップダウンで処理します。
  • 同じセクションでパラメータ値が複数回定義されている場合、
    データ統合
    は最初の値を使用します。例えば、パラメータファイルには以下のタスクのセクションが含まれます。
    [MyProject].[Folder1].[mapping_task1] $$sourceconn=Oracle $$filtervariable=ID $$sourceObject=customer_table $$targetconn=salesforce $$sourceconn=ff_2
    Mapping_task1を実行すると、sourceconnパラメーターの値はOracleになります。
  • パラメータ値がファイルで定義されている別のパラメータである場合は、パラメータ名の前に1つのドル記号($)を付けます。
    データ統合
    は、最も具体的な範囲内にある変数の最初の値を使用します。例えば、パラメータファイルに以下のようなパラメータ値が含まれていたとします。
    [GLOBAL] $$ffconnection=my_ff_conn $$var2=California $var5=North [Default].[folder5].[sales_accounts] $$var2=$var5 $var5=south
    タスク「sales_accounts」で、「var5」の値は「south」です。var2はvar5として定義されているので、var2も「south」です。
    詳細モードでは、パラメータ名の前に2つのドル記号($$)を付けます。
    [GLOBAL] $$ffconnection=my_ff_conn $$var2=California $$var5=North [Default].[folder5].[sales_accounts] $$var2=$$var5 $$var5=south
  • タスクが複数回定義されている場合、
    データ統合
    はセクションを結合します。
  • 同じタスクに対する複数のセクションでパラメータが定義されている場合、
    データ統合
    は最初の値を使用します。例えば、パラメータファイルには以下のタスクのセクションが含まれます。
    [Default].[Folder1].[MapTask2] $$sourceparam=Oracle_Cust [Default].[Folder1].[MapTask2] $$sourceparam=Cust_table $$targetparam=Sales
    MapTask2を実行すると、
    データ統合
    では次のパラメータ値が使用されます。
    • $$sourceparam=Oracle_Cust
    • $$targetparam=Sales
  • セクション内に存在する場合を除き、パラメータの値はグローバルです。
  • データ統合
    は、構文エラーのあるセクションを無視します。
  • 詳細モードのマッピングのデフォルトの日付/時刻形式は、MM/DD/YYYY HH24:MI:SSです。別の日付/時刻形式を使用するには、
    マッピング
    タスクの詳細セッションプロパティ
    DateTime Format String
    を設定します。