目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

Visioテンプレートのパブリッシュ

Visioテンプレートのパブリッシュ

データ統合
でVisioテンプレートを使用する準備ができたら、Visioテンプレートをパブリッシュします。
Visioテンプレートをパブリッシュすると、
Cloud Integration Template Designer
は、
データ統合
にアップロードできるVisioテンプレートXMLファイルを作成します。
Visioテンプレートをパブリッシュする前に、以下のオプションのタスクを実行できます。
  • テンプレートを検査する。Informaticaツールバーの[マッピングテンプレートの検証]アイコンを使用して、基本的な検証を実行できます。
  • イメージファイルを作成する。イメージファイルを作成するために、テンプレートを.JPGまたは.PNGとして保存できます。Visioテンプレートを自分の組織にアップロードする場合、イメージファイルを使用してテンプレートデータフローを表すことができます。
Visioテンプレートをパブリッシュするには:
  1. Informaticaツールバーで、
    [パブリッシュ]
    アイコンをクリックします。
  2. 使用するディレクトリに移動して、
    [保存]
    をクリックします。
    Cloud Integration Template Designer
    により、選択したディレクトリにVisioテンプレートのXMLファイルが生成されます。VisioテンプレートのXMLファイルは以下の命名規則に従います。
    <Visio template name>.XML
    Visioテンプレートをパブリッシュすると、
    Cloud Integration Template Designer
    でも<Visioテンプレート名>_param.XMLという名前のパラメータファイルが作成されます。このファイルには、ユーザー定義パラメータに関連する情報が含まれます。このファイルをユーザー定義パラメータファイルのベースとして使用するのでない限り、このファイルを使用する必要はありません。