目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングのプレビュージョブの実行

マッピングのプレビュージョブの実行

選択したトランスフォーメーションの
[プレビュー]
パネルでデータプレビュージョブを実行します。
非エラスティックマッピング
のデータプレビュージョブを実行する前に、次の条件が満たされていることを確認します。
  • Secure Agentがジョブの実行に使用できることを確認します。Hosted Agentを使用してプレビュージョブを実行することはできません。
  • Secure Agentマシンに、プレビューデータを保存するために十分なディスクの空き容量があることを確認します。
  • 選択したトランスフォーメーションまたはアップストリームトランスフォーメーションにマッピング検証エラーがないことを確認します。
データプレビュージョブを実行するには:
  1. Mapping Designerでトランスフォーメーションを選択します。
  2. [プレビュー]
    パネルを開きます。
  3. [プレビューの実行]
    をクリックします。
  4. プレビューの実行ウィザードで、プレビューするソース行の数と、プレビュージョブを実行するランタイム環境を入力します。
    入力する番号は、マッピングの各ソースに適用されます。例えば、10行を選択し、マッピングに複数のソースが含まれている場合、プレビュージョブは各ソースの最初の10行を処理します。
    最大で999,999,999行を選択できます。
    多数のソース行を選択すると、Secure Agentマシンでストレージまたはパフォーマンスの問題が発生する可能性があります。
  5. プレビューしているマッピングの一部が入力パラメータを使用している場合は、
    [次へ]
    をクリックしてパラメータ値を入力します。
  6. [プレビューの実行]
    をクリックします。
データ統合
は選択されたトランスフォーメーションの
[プレビュー]
パネルに結果を表示します。
プレビュージョブは、
データ統合
[マイジョブ]
ページとMonitorの
[すべてのジョブ]
ページと
[実行中のジョブ]
ページで監視できます。データ統合は、プレビュージョブに<マッピング名>-<インスタンス番号>という名前を付けます(例: MyMapping_1)。データプレビュージョブのセッションログをダウンロードできます。
プレビュージョブを再開するには、
[プレビュー]
パネルでジョブを再度実行します。
[マイジョブ]
ページまたは
[すべてのジョブ]
ページでデータプレビュージョブを再開することはできません。