目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. パラメータ
  4. CLAIREの推奨事項
  5. データカタログ検出
  6. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

マッピングのプレビュー結果の表示

マッピングのプレビュー結果の表示

データ統合
は、選択されたトランスフォーメーションとアップストリームトランスフォーメーションのプレビュー結果をマッピングに生成します。
データ統合
は、Secure Agentマシンにプレビュー結果をCSVファイルで保存します。
データ統合
は、選択したトランスフォーメーションと各アップストリームトランスフォーメーションの
[プレビュー]
パネルにプレビュー結果を表示します。
データ統合
は、ダウンストリームトランスフォーメーションのプレビュー結果は表示しません。
トランスフォーメーションに複数の出力グループがあり、別の出力グループの結果をプレビューする場合は、
[プレビュー]
パネルの上部にある[出力グループ]メニューから出力グループを選択します。
プレビュー結果をダウンロードするには、
[プレビュー]
パネルの
[ダウンロード]
をクリックします。
データ統合
は、Secure Agentマシンにプレビュー結果をCSVファイルで保存します。プレビューを実行すると、
データ統合
は、選択されたトランスフォーメーション用に1つのCSVファイルを作成し、マッピングのアップストリームトランスフォーメーションごとに1つのCSVファイルを作成します。トランスフォーメーションに複数の出力グループがある場合、
データ統合
は出力グループごとに1つのCSVファイルを作成します。同じプレビューを複数回実行すると、
データ統合
によりCSVファイルが上書きされます。
デフォルトでは、ファイルは次のディレクトリに格納されています。
<Secure Agentのインストールディレクトリ>/apps/Data_Integration_Server/data/cache/preview
Secure Agentで実行されるデータ統合サービスの$PMCacheDirプロパティの値を組織管理者が変更しない限り、CSVファイルはこのディレクトリに保存されます。Secure Agentサービスの詳細については、
管理者
のヘルプを参照してください。
Secure Agentマシンに、Secure Agentを使用してデータプレビューを実行する可能性のあるすべてのユーザーのプレビューデータを保存するのに十分なディスク容量があることを確認してください。
データ統合
は、プレビューディレクトリを24時間に1回パージします。パージ中、
データ統合
は24時間よりも前のファイルを削除します。