目次

Search

  1. はじめに
  2. マッピング
  3. マッピングチュートリアル
  4. パラメータ
  5. CLAIREの推奨事項
  6. データカタログ検出
  7. Visioテンプレート

マッピング

マッピング

SQL ELTモードのマッピングのソース

SQL ELTモードのマッピングのソース

SQL ELTモードのマッピングのソースは、他のタイプのマッピングのソースとは異なる動作をすることができます。
ソースは、次のように異なる動作をすることができます。
  • SQL ELTモードのマッピングを作成すると、クラウドエコシステム内のクラウドデータレイクおよびクラウドデータウェアハウスからデータを読み取ることができます。したがって、ソーストランスフォーメーションでソース接続を設定する場合に選択できるのは、Amazon S3、Azure Data Lake Storage Gen2、またはSnowflake Data Cloud接続のみです。
  • マッピングに複数のソースを追加する場合、すべてのソースは同じソース接続または接続パラメータを使用します。いずれかのソースでソース接続または接続パラメータを変更すると、Mapping Designerによって他のソースが更新され、すべてソースが同じ接続を使用するようになります。
  • クラウドデータウェアハウスからデータを読み取り、常に同じクラウドデータウェアハウスに書き込むSQL ELTモードのマッピング。したがって、ソースがSnowflakeクラウドデータウェアハウスの場合は、ターゲットと同じ接続または接続パラメータを使用する必要があります。
  • ソーストランスフォーメーションで接続パラメータを作成するときに、接続タイプをAmazon S3またはAzure Data Lake Storage Gen2に設定できます。Snowflake接続パラメータを作成する場合は、ターゲット接続を選択するマッピングプロパティでパラメータを作成する必要があります。
  • マッピングプロパティでSnowflake接続を変更すると、ソースのSnowflake接続は同じ接続を使用するように自動的に更新されます。ソーストランスフォーメーションでAmazon S3またはAzure Data Lake Storage Gen2接続が使用されている場合、ターゲット接続を変更してもソース接続は変更されません。
コネクタタイプによっては、ソースの動作に他の違いがある場合があります。詳細については、『
Snowflake Data Cloud Connector
』ガイドを参照してください。