目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

詳細セッションプロパティ

詳細セッションプロパティ

詳細セッションプロパティはオプションのプロパティで、
マッピング
タスク
動的マッピング
タスク、およびVisioテンプレートで設定できます
。詳細セッションプロパティは慎重に設定します。詳細セッションプロパティは、
PowerCenterの詳細セッションプロパティに基づいており、
タスクによっては使用に適していない場合があります。
次のタイプの詳細セッションプロパティを設定できます。
  • 全般
  • パフォーマンス
  • 詳細
  • エラー処理
詳細モードは、別の詳細セッションプロパティのセットを使用します。SQL ELTモードのマッピングでは、詳細セッションプロパティは使用されません。

全般オプション

次の表に全般オプションを示します。
全般オプション
説明
下位互換性のあるセッションログファイルの書き込み
セッションログをファイルに書き込みます。
セッションログファイル名
セッションログの名前。任意の有効なファイル名を使用します。
セッションログファイル名は、次のいずれかの方法でカスタマイズできます。
  • 静的な名前を使用する。静的ログファイル名は、ファイル拡張子の有無にかかわらず単純な静的文字列になります。
    静的な名前を使用すると、タスクが実行されるたびにログファイル名にシーケンス番号が追加されます(例: samplelog.1、samplelog.2)。ログファイルの最大数に達すると、番号付けシーケンスによって新しいサイクルが開始されます。
  • 動的な名前を使用する。パラメータファイルまたはシステム変数で定義されたパラメータが含まれている場合、ログファイル名は動的になります。次のシステム変数のいずれかを含めることができます。
    • $CurrentTaskName.タスク名で置き換えられます。
    • $CurrentTime.現在時刻で置き換えられます。
    • $CurrentRunId.現在のジョブの実行IDに置き換えられます。
    動的な名前を使用すると、実行されるすべてのタスクでファイル名が一意になります。[ログファイルの最大数]プロパティは適用されません。古いログファイルをパージするには、ファイルを手動で削除します。
セッションログファイルディレクトリ
セッションログの保存先ディレクトリ。タスクを実行するSecure Agentに対してローカルなディレクトリを使用します。
デフォルトでは、次のディレクトリにセッションログが保存されます。
<Secure Agentのインストールディレクトリ>/apps/Data_Integration_Server/logs
$Source Connection Value
Visioテンプレートの
ソース接続名。
$Target Connection Value
Visioテンプレートの
ターゲット接続名。
Source File Directory
ソースファイルディレクトリのパス。フラットファイル接続専用。
ターゲットファイルディレクトリ
ターゲットファイルディレクトリのパス。フラットファイル接続専用。
ソース行の扱い
タスクでソースデータが読み取られると、行がターゲットに到達するときに実行されるターゲット操作を指定するインジケータを使用して、各行にマークが付けられます。次のいずれかのオプションを使用します。
  • 挿入。すべての行は、ターゲットへの挿入対象としてマークされます。
  • 更新。すべての行は、ターゲットでの更新対象としてマークされます。
  • 削除。すべての行は、ターゲットからの削除対象としてマークされます。
  • データドリブン。データフロー内のアップデートストラテジを使用して、ソース行ごとに操作がマークされます。
コミットタイプ
使用するコミットタイプ。次のいずれかのオプションを使用します。
  • ソース。ソース行の数に基づいてコミットが実行されます。
  • ターゲット。ターゲット行の数に基づいてコミットが実行されます。
  • ユーザー定義。Visioテンプレートで定義されているコミットロジックに基づいてコミットが実行されます。
コミットタイプを設定しない場合、ターゲットコミットが実行されます。
コミット間隔
コミット間の行間隔。
コミット間隔を設定しない場合、10,000行ごとにコミットが実行されます。
ファイルの最後でコミット
ファイルの最後でデータがコミットされます。
エラー時のロールバックトランザクション
非致命的な書き込みエラーが発生した場合に、その次のコミットポイントでトランザクションをロールバックします。
トランスフォーメーションエラーが発生すると、そのエラーがターゲットの有効なトランザクションジェネレータの後で発生した場合には、トランザクションがロールバックされます。
Javaクラスパス
使用するJavaクラスパス。
Javaクラスパスは、タスクが実行されるときに、システムクラスパスの先頭に追加されます。
このオプションは、サードパーティ製のJavaパッケージ、ビルトインJavaパッケージ、またはカスタムJavaパッケージをJavaトランスフォーメーションで使用する場合に使用します。

パフォーマンス設定

次の表に、パフォーマンスの設定項目を示します。
パフォーマンス設定
説明
DTMバッファサイズ
DTMプロセスからタスクに割り当てられるメモリの量。
デフォルトでは、最小で12 MBが実行時にバッファに割り当てられます。
次のいずれかのオプションを使用します。
  • 自動。自動メモリ設定を使用するには、「自動」と入力します。[自動]を使用する場合は、
    [自動メモリ属性で使用できる最大メモリ]
    を設定します。
  • 数値。使用する数値を入力します。デフォルトの測定単位はバイトです。別の測定単位を指定するには、KB、MB、またはGBを追加します。例えば、「512 MB」と指定します。
次の状況で、DTMバッファサイズを増やすことがあります。
  • タスクに大量の文字データが含まれている場合は、DTMバッファサイズを24 MBに増やします。
  • タスクにn個のパーティションが含まれる場合は、DTMバッファサイズを、パーティションの数が1つのタスクの場合の少なくともn倍のサイズまで増やします。
  • 割り当てられているDTMバッファサイズよりも高い精度のバイナリオブジェクトがソースに含まれている場合は、DTMバッファサイズを増やしてタスクが失敗しないようにします。
増分集計
Visioテンプレートに基づいて、
タスクの増分集計を実行します。
集計キャッシュの再初期化
増分集計を実行するタスクの既存の集計ファイルを上書きします。
高精度を有効にする
Decimalデータ型を精度28で処理します。
デッドロック時のセッションリトライ
デッドロックが発生したときにターゲットでの書き込みが再試行されます。
SQL ELTの最適化
SQL ELTの最適化のタイプ。次のいずれかのオプションを使用します。
  • なし。タスクのすべてのトランスフォーメーションロジックが処理されます。
  • ソースへ。可能な限り多くのトランスフォーメーションロジックがソースデータベースにプッシュされます。
  • ターゲットへ。可能な限り多くのトランスフォーメーションロジックがターゲットデータベースにプッシュされます。
  • 全体。可能な限り多くのトランスフォーメーションロジックがソースおよびターゲットのデータベースにプッシュされます。データベースにプッシュできないトランスフォーメーションロジックすべてが処理されます。
  • $$PushdownConfig.タスクのユーザー定義パラメータファイルで指定されているSQL ELTの最適化タイプが使用されます。
    $$PushdownConfigを使用する場合は、パラメータファイルでユーザー定義パラメータが設定されていることを確認します。
SQL ELTの最適化を使用する場合は、
[エラーログタイプ]
プロパティを使用しないでください。
詳細については、該当するコネクタのヘルプを参照してください。
SQL ELTの最適化機能は、コネクタで利用可能なサポートによって異なります。詳細については、該当するコネクタのヘルプを参照してください。
一時的なビューの作成
タスクをデータベースにプッシュするときに一時ビューオブジェクトをデータベース内に作成することを、タスクに許可します。
この設定項目は、タスクで、SQLオーバーライドをソース修飾子トランスフォーメーションまたはルックアップトランスフォーメーションに含める場合に使用します。
また、ルックアップソースフィルタを使用してルックアップを含めるVisioテンプレートに基づいたタスクに対しても使用できます。
一時的なシーケンスの作成
タスクによるデータベースでの一時シーケンスオブジェクトの作成を許可します。
タスクがシーケンスジェネレータトランスフォーメーションを含むVisioテンプレートに基づいている場合に使用します。
クロススキーマSQL ELTの最適化の有効化
同じデータベース内の異なるスキーマに関連付けられたソースオブジェクトまたはターゲットオブジェクトを使用するタスクのSQL ELTの最適化を有効にします。
使用するコネクタにクロススキーマSQL ELTの最適化が適用可能かどうかを確認するには、関連するコネクタのヘルプを参照してください。
このプロパティはデフォルトで有効になっています。
ユーザーと互換性のない接続に対するSQL ELTの最適化の許可
動作可能なデータベースのデータベースユーザーにアイドル状態のデータベースに対する読み取り権限があることを示します。
動作可能なデータベースのデータベースユーザーにアイドル状態のデータベースに対する読み取り権限があることを示す場合、実際に権限がないとそのタスクは失敗します。
動作可能なデータベースのデータベースユーザーにアイドル状態のデータベースに対する読み取り権限があることを示さない場合、タスクでは、トランスフォーメーションロジックがアイドル状態のデータベースにプッシュされません。
セッションソート順
タスクの文字データのソートに適用される順序。

詳細オプション

次の表に詳細オプションを示します。
詳細オプション
説明
制約に基づくロード
現在、
Informatica Intelligent Cloud Services
では使用されていません。
Lookup()関数のキャッシュ
接続されていないルックアップが含まれるVisioテンプレートのルックアップ関数をキャッシュします。テンプレートのルックアップ設定をオーバーライドします。
デフォルトでは、テンプレートで指定されていない場合、行単位でルックアップが実行されます。
デフォルトのバッファブロックサイズ
ソースからターゲットにデータおよびインデックスのキャッシュを移動するために使用されるバッファブロックのサイズ。デフォルトでは、実行時にこの値が決定されます。
次のいずれかのオプションを使用します。
  • 自動。自動メモリ設定を使用するには、「自動」と入力します。[自動]を使用する場合は、[自動メモリ属性で使用できる最大メモリ]を設定します。
  • 数値。使用する数値を入力します。デフォルトの測定単位はバイトです。別の測定単位を指定するには、KB、MB、またはGBを追加します。例えば、「512 MB」と指定します。
タスクで初期化のために十分なバッファブロックを確保する必要があります。バッファブロックの最小数は、ソース修飾子、COBOLソースのノーマライザ、およびターゲットの総数より大きくする必要があります。
タスクのバッファブロック数は、[DTMバッファサイズ]/[バッファブロックサイズ]です。デフォルト設定の場合には、合計83個のソースとターゲットに十分な量のバッファブロックが作成されます。タスクに含まれるソースとターゲットが83個より多い場合は、[DTMバッファサイズ]を大きくするか、[デフォルトのバッファブロックサイズ]を小さくする必要があります。
連続行のバッファ長
タスクで行ごとに読み取られるバイト数。
データ統合
では、改行コードありバッファ最大長がデフォルトの1024バイトから動的に増加します。
自動メモリ属性で使用できる最大メモリ
実行時にキャッシュサイズを決定するようにタスクを設定する場合に、自動キャッシュに割り当てられる最大メモリ。
自動メモリ設定は、この属性の値を設定することによって有効にします。数値を入力します。デフォルトの単位はバイトです。別の測定単位を指定するには、KB、MB、またはGBを追加します。例えば、「512 MB」と指定します。
値を0に設定すると、タスクで、[自動]に設定したメモリ属性のデフォルト値が使用されます。
自動メモリ属性で使用できる合計メモリの最大割合(%)
実行時にキャッシュサイズを決定するようにタスクを設定する場合に、自動キャッシュに割り当てられるメモリの最大割合。値を0に設定すると、タスクで、[自動]に設定したメモリ属性のデフォルト値が使用されます。
ルックアップキャッシュ作成のための追加のコンカレントパイプライン
ルックアップキャッシュを事前作成するためにタスクで同時に作成することができるパイプラインの数を制限します。このプロパティは、タスクまたはトランスフォーメーションで
[ルックアップキャッシュの事前作成]
プロパティが有効になっている場合に設定できます。
[ルックアップキャッシュの事前作成]
プロパティが有効な場合、ルックアップでデータを受け取る前に、タスクによりルックアップキャッシュが作成されます。タスクに複数のルックアップがある場合、作成するルックアップキャッシュごとに追加のパイプラインが作成されます。
タスクで同時に作成可能なパイプラインの数を設定するには、次のいずれかのオプションを選択します。
  • 自動。実行時に作成可能なパイプラインの数がタスクにより決定されます。
  • 数値。指定された数のパイプラインを作成してルックアップキャッシュを作成できます。
カスタムプロパティ
タスクのカスタムプロパティを設定します。タスクで使用されるカスタムプロパティは、ジョブが開始した後でオーバーライドできます。プロパティのオーバーライド値がセッションログにも書き込まれます。
ルックアップキャッシュの事前作成
タスクで、ルックアップがデータを受け取る前にルックアップキャッシュを作成できるようにします。タスクで複数のルックアップキャッシュを同時に作成してパフォーマンスを向上させることができます。
このオプションは、Visioテンプレートまたはタスクで設定できます。Visioテンプレートでルックアップオプションを[自動]に設定すると、タスクレベルの設定が使用されます。
次のいずれかのオプションを設定します。
  • 常に許可。タスクで、ルックアップで最初のソース行を受け取る前にルックアップキャッシュを作成できます。タスクは追加のパイプラインを作成してキャッシュを作成します。
  • 常に不許可。タスクで、ルックアップで最初の行を受け取る前にルックアップキャッシュを作成することはできません。
このオプションを使用する場合は、
[ルックアップキャッシュ作成用に追加の同時パイプラインを設定する]
プロパティを設定します。このプロパティが0より大きい場合、タスクでルックアップキャッシュを事前作成できます。
DateTime形式文字列
タスクの日時フォーマット。秒、ミリ秒、ナノ秒のいずれかを指定できます。
秒を指定するには、
MM/DD/YYYY HH24:MI:SS
形式で入力します。
ミリ秒を指定するには、
MM/DD/YYYY HH24:MI:SS.MS
形式で入力します。
マイクロ秒を指定するには、
MM/DD/YYYY HH24:MI:SS.US
形式で入力します。
ナノ秒を指定するには、
MM/DD/YYYY HH24:MI:SS.NS
形式で入力します。
デフォルトでは、MM/DD/YYYY HH24:MI:SS.US形式でマイクロ秒を指定します。
85以前のタイムスタンプの互換性
データ統合
では使用しないでください。

エラー処理

次の表に、エラー処理のオプションを示します。
エラー処理オプション
説明
エラー時の停止
セッションを停止するまでにタスクで許容される、非致命的エラーの数を指定します。非致命的エラーには、reader、writer、およびDTMエラーが含まれます。
セッションを停止するまでに許容する、非致命的エラーの発生数を入力します。タスクでソース、ターゲット、およびトランスフォーメーションごとに個別のエラーカウントが保持されます。0に指定すると、非致命的エラーが発生してもセッションは停止されません。
トレースのオーバーライド
オブジェクトレベルで設定されたトレースレベルをオーバーライドします。
ストアドプロシージャのエラー
Visioテンプレートに基づくタスクでセッション実行前またはセッション実行後のストアドプロシージャエラーが発生した場合の動作が決まります。次のいずれかのオプションを使用します。
  • セッションを停止。セッション実行前またはセッション実行後のストアドプロシージャの実行中にエラーが発生するとタスクは停止します。
  • セッションを続行。エラーに関係なくタスクが続行されます。
デフォルトではタスクは停止します。
セッション実行前のコマンドタスクのエラー
セッション実行前のシェルコマンドを含むタスクでエラーが発生した場合の動作を決定します。次のいずれかのオプションを使用します。
  • セッションを停止。セッション実行前のシェルコマンドを実行中にエラーが発生するとタスクは停止します。
  • セッションを続行。エラーに関係なくタスクが続行されます。
デフォルトではタスクは停止します。
実行前/実行後SQLのエラー
セッション実行前またはセッション実行後のSQLを含むタスクでエラーが発生した場合の動作を決定します。
  • セッションを停止。セッション実行前またはセッション実行後のSQLの実行中にエラーが発生するとタスクは停止します。
  • 続行。エラーに関係なくタスクが続行されます。
デフォルトではタスクは停止します。
エラーログタイプ
作成するエラーログのタイプを指定します。フラットファイルを指定できるほか、ログファイルを作成しないように指定することもできます。デフォルトは[なし]です。
XMLファイルソースから行エラーをログに記録することはできません。XMLソースエラーはセッションログで確認できます。
このプロパティは、
[SQL ELTの最適化]
プロパティを使用する場合には使用しないでください。
エラーログファイルディレクトリ
エラーを出力するディレクトリを指定します。デフォルトでは、エラーログファイルディレクトリは$PMBadFilesDir\になります。
エラーログファイル名
エラーログファイル名を指定します。デフォルトでは、エラーログファイル名はPMError.logになります。
ログ行データ
トランスフォーメーション行データをログに記録するかどうかを指定します。エラーログを有効にすると、デフォルトでトランスフォーメーション行データがログに記録されます。このプロパティを無効にした場合、トランスフォーメーション行データのフィールドには、N/Aまたは-1が出力されます。
ログソース行データ
ソース行データをログに出力するかどうかを指定します。デフォルトでは、このチェックボックスはオフに設定され、ソース行データはログに出力されません。
データカラム区切り文字
文字列型のソース行データおよびトランスフォーメーショングループ行データに使用する区切り文字。デフォルトでは、パイプ(|)が使用されます。
該当する行データに対する区切り文字と同じものがエラーロギングカラムに使用されてないか確認してください。もし同じ区切り文字が使用されていると、エラーログファイルの読み込みが困難な場合があります。