目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

データフィルタのパラメータファイル

データフィルタのパラメータファイル

マスキング
タスクでは、簡単なデータフィルタと詳細データフィルタでユーザー定義パラメータを使用できます。
フィルタにパラメータを使用する場合、フィルタの先頭にパラメータを指定するようにします。次のように、パラメータに名前を付けるには2つのドル記号を使用します:
$$<パラメータ>
パラメータファイルを次のディレクトリにローカルで保存します。
<Secure Agent installation directory>/apps/Data_Integration_Server/data/userparameters
タスクウィザードのスケジュールページでパラメータファイル名を指定できます。パラメータ値はタスクが実行されるときに適用されます。
簡易フィルタの例
フィルタを取引先オブジェクトに適用するとします。作成日が$$paramに等しい必要があるというフィルタ条件を設定します。その後、次の内容でパラメータファイルを作成します。
$$param=('1991-10-03')
次の図は、パラメータを使用した簡易フィルタを示しています。
[データフィルタ]ダイアログボックスに、取引先オブジェクトに適用される簡易フィルタが表示されます。適用されるのは、作成日が$$paramに等しい必要があるというフィルタです。
詳細フィルタの例
フィルタを取引先オブジェクトに適用するとします。[詳細データフィルタ]ダイアログボックスで、[取引先名]フィールドのすべての値を$$paramから取得するようにフィルタ式を指定できます。その後、次の内容でパラメータファイルを作成します。
$$param=('Apple' , 'Microsoft')
次の図は、パラメータを値として使用した詳細フィルタを示しています。
[詳細データフィルタ]ダイアログボックスでは、フィルタリングされるオブジェクトが取引先であることが示され、フィールドのリストとフィルタ式が表示されます。次のフィルタ式が入力されています: Account.Name IN $$param
フィルタ式をパラメータとして指定することもできます。フィルタ式として「$$param」と入力します。その後、次の内容でパラメータファイルを作成します。
$$param=Name IN ('Apple' , 'Microsoft')
次の図は、パラメータを式として使用した詳細フィルタを示しています。
[詳細データフィルタ]ダイアログボックスでは、フィルタリングされるオブジェクトが取引先であることが示され、フィールドのリストとフィルタ式が表示されます。次のフィルタ式が入力されています: $$param