目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

レプリケーションタスクの定義

レプリケーション
タスクの定義

レプリケーション
タスクウィザードを使用して、
レプリケーション
タスクを定義します。
  1. レプリケーション
    タスクを作成するには、
    [新規]
    [タスク]
    をクリックします。
    [レプリケーションタスク]
    を選択して、
    [作成]
    をクリックします。
    レプリケーション
    タスクを編集するには、
    [参照]
    ページで、タスクに移動します。タスクが含まれている行で、
    [アクション]
    をクリックし、
    [編集]
    を選択します。
  2. [レプリケーションタスクの詳細]で、次のプロパティを構成します。
    プロパティ
    説明
    タスク名
    レプリケーション
    タスクの名前。
    タスク名には、英数字、スペース、および以下の特殊文字を含めることができます。_ .+ -
    最大長は100文字です。タスク名では大文字と小文字が区別されません。
    場所
    タスクが存在するプロジェクトフォルダ。
    Explore
    (参照)]ページが現在アクティブになっていて、プロジェクトまたはフォルダが選択されている場合、アセットのデフォルトの場所はその選択されているプロジェクトまたはフォルダです。そうでない場合、デフォルトの場所は直近で保存されたアセットの場所です。
    説明
    タスクの説明。
    最大長は255文字です。
  3. [次へ]
    をクリックします。