目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

動的スキーマ変更処理のルールとガイドライン

動的スキーマ変更処理のルールとガイドライン

マッピングタスクが実行されるたびに
データ統合
でデータオブジェクトスキーマが更新されるように、動的スキーマ変更処理を有効にします。
動的スキーマ変更処理を有効にする場合は、次のルールとガイドラインを考慮してください。
  • オブジェクトスキーマへの変更は、マッピング内のフィールドメタデータへの変更よりも優先されます。例えば、ソースオブジェクトにフィールドを追加してから、マッピング内の既存のフィールドのメタデータを編集するようにします。実行時に、
    データ統合
    は、新しいフィールドを追加し、既存のフィールドは編集されません。
  • データ統合
    は、オブジェクトスキーマを取得する前にパラメータを解決します。
  • データ統合
    は、名前が変更されたフィールドを削除および追加されたカラムとして扱います。フィールドの名前を変更した場合は、名前が変更されたフィールドを参照するトランスフォーメーションを更新する必要がある場合があります。例えば、ルックアップ条件で使用されるフィールドの名前を変更すると、ルックアップは新しいフィールドを見つけることができずにタスクは失敗します。
  • フィールドの名前を変更、追加、または削除する場合、フィールドマッピングの更新が必要となる場合があります。例えば、ターゲットオブジェクトで以前マッピングされたすべてのフィールドを削除した場合、少なくとも1つのフィールドを再マッピングする必要があり、再マッピングしない場合はタスクが失敗します。
  • データ統合
    は、次のような状況では、ターゲットフィールドにNULL値を書き込みます。
    • 自動フィールドマッピングを使用してターゲットフィールドの名前を変更したが、フィールド名がソースフィールドと一致しない場合。
    • 手動フィールドマッピングを使用してソースフィールドの名前を変更したが、フィールドをターゲットに再マッピングしていない場合。
  • ソースまたはルックアップオブジェクトからフィールドを削除して、ダウンストリームトランスフォーメーションがそのフィールドを参照している場合、タスクは失敗します。
  • ソースまたはルックアップフィールドタイプを変更した場合、新しいフィールドタイプでダウンストリームのエラーが発生すると、タスクが失敗する可能性があります。例えば、算術式の整数フィールドを文字列フィールドに変更すると、式は無効になり、タスクは失敗します。
  • ターゲットフィールドタイプを変更した場合、
    データ統合
    では、受信フィールドからのデータが新しいターゲットフィールドタイプに変換されます。変換の際にエラーが発生した場合、
    データ統合
    ではその行が削除されます。例えば、文字列タイプを、文字列に日付が含まれない日付タイプに変更した場合、
    データ統合
    ではその行が削除されます。