目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マッピングタスクの作成

マッピングタスクの作成

[全般]
ページでタスクの全般プロパティを定義します。
  1. マッピングタスクを作成するには、
    [新規]
    >
    [タスク]
    をクリックしてから、
    [マッピングタスク]
    を選択して
    [作成]
    をクリックします。
    テンプレートに基づいてマッピングタスクを作成する場合は、Mapping Designerでマッピングテンプレートを開き、
    [アクション]
    >
    [新しいマッピングタスク]
    をクリックします。
    [新規]
    ダイアログからテンプレートに基づいてタスクを作成すると、別のユーザーインタフェースを使用するマッピングタスクウィザードでそのタスクが開きます。タスクウィザードでのマッピングタスクの作成については、マッピングタスクの定義を参照してください。
  2. マッピング
    タスクを編集するには、
    [参照]
    ページで
    マッピング
    タスクに移動します。タスクが含まれている行で、
    [アクション]
    をクリックし、
    [編集]
    を選択します。
  3. 次のフィールドを設定します。
    フィールド
    説明
    名前
    タスクの名前。
    タスク名には、英数字、スペース、および以下の特殊文字を含めることができます。_ .+ -
    最大長は100文字です。タスク名では大文字と小文字が区別されません。
    ロケーション
    タスクが存在するプロジェクトまたはフォルダ。
    Explore
    (参照)]ページが現在アクティブになっていて、プロジェクトまたはフォルダが選択されている場合、アセットのデフォルトの場所はその選択されているプロジェクトまたはフォルダです。そうでない場合、デフォルトの場所は直近で保存されたアセットの場所です。
    説明
    タスクの説明。
    最大長は4000文字です。
    ランタイム環境
    タスクを実行するSecure Agentが存在するランタイム環境。
    タスクがSQL ELTモードまたは詳細モードのマッピングに基づいている場合、サブ組織では、親組織によって共有されるSecure Agentグループでマッピングタスクを実行することはできません。
    マッピング
    タスクに関連付けられているマッピング。
    マッピングを選択するには、
    [選択]
    をクリックして、使用するマッピングに移動します。
    マッピングを開くには、
    [ビュー]
    をクリックします。
  4. マッピング
    タスクが詳細モードのマッピングに基づいている場合は、ジョブの優先度とターゲット期間を設定します。
    以下の表に、プロパティを示します。
    プロパティ
    説明
    ジョブの優先度
    ジョブをスケジュールする優先度。高優先度のジョブは、中優先度または低優先度のジョブよりも先にスケジュールされます。
    ターゲット期間(秒)
    ジョブが完了するまでの時間(秒単位)。
    ジョブを監視すると、ターゲット期間を達成したかターゲット期間を超過したかを確認できます。ジョブが完了するまでの実際の時間は、
    詳細クラスタ
    インフラストラクチャとランタイムストラテジに応じて異なります。
  5. [次へ]
    をクリックします。