目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マスキングルールの割り当て

マスキングルールの割り当て

[マスキング]
ページでオブジェクトにマスキングルールを適用してフィールドをマスクすることができます。
オブジェクトへのマスキングルールの適用は、フィールドのデータ型に基づいて行うことができます。フィールドにマスキングルールを適用した後、マスキングルールプロパティを設定できます。各フィールドのリストから使用可能なデータマスキングルールを手動で選択することも、フィールドのセットにデフォルトのマスキングルールを一度に割り当てることもできます。
マスキング
タスクパッケージには、デフォルトのマスキングルールが含まれます。ソースオブジェクトにデフォルトマスキングルールを割り当てるには、
[デフォルトの割り当て]
をクリックします。
デフォルトのマスキングルール割り当てをクリアし、ルールを手動で割り当てることができます。マスキングルール割り当てを削除するには、
[割り当てのクリア]
をクリックします。
カスタム置換ルールでリレーショナルディクショナリを使用するには、
マスキング
タスクにリレーショナルディクショナリ接続を含める必要があります。一意の置換値でソースデータをマスキングするには、タスクにストレージ接続が必要です。リレーショナルディクショナリまたはストレージ接続を
マスキング
タスクに追加するには、
[接続の設定]
をクリックします。