目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

スキーマ不一致の処理

スキーマ不一致の処理

ファイルと選択したスキーマの間に不一致が発生した場合に、
データ統合
がどのように処理するかを選択できます。
マッピングタスクを介してマッピングを実行する場合、
データ統合
が不一致のスキーマを処理する方法を指定する詳細オプションを設定できます。
  • 不一致のファイルをスキップして続行。
    データ統合
    は、スキーマの不一致を検出すると、同じファイル内の他のエラーの検索を停止し、そのエラーをログに書き込みます。
    データ統合
    は、そのファイルの他のレコードを処理せず、次のファイルを続行します。
  • 最初の不一致ファイルで停止。
    データ統合
    は、スキーマの不一致エラーを検出するとすべての処理を停止し、エラーをログに書き込みます。
    データ統合
    は、エラーが見つかる前に処理されたバックファイルをロールバックせず、エラーを含むファイルを処理しません。
Mapping Designerでマッピングを実行すると、
データ統合
はすべてのファイルを評価し、スキーマの不一致が見つかった場合はファイル全体をスキップします。
スキーマ不一致の処理は、SQL ELTモードのマッピングに基づくマッピングタスクには適用されません。