目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

ジョブ設定

ジョブ設定

エラーまたは警告によるジョブの停止、詳細セッションプロパティ、前処理および後処理コマンドなどの各ジョブに対する設定を構成できます。
[設定]
ウィンドウでジョブ設定を構成します。
グループ内のジョブに
[次のときに停止]
プロパティを設定した場合、ジョブが設定された状態になるとグループ内のジョブが完了し、タスクが停止します。
ジョブ設定を構成するには、ジョブを含む行で
[設定]
をクリックします。
必要に応じて、サーバーレス環境の動的マッピングタスクジョブに最大コンピューティングユニットとタスクタイムアウトのサーバーレスの使用状況プロパティを設定できます。最大コンピューティングユニットとタスクタイムアウトの設定は、Administratorでサーバーレス環境に対して設定しますが、特定の動的マッピングタスクジョブに対するそれらの値を変更することができます。
最大コンピューティングユニットプロパティを使用すると、ジョブが使用できるマシンリソースに対応したコンピューティングユニットの数を、タスクあたりの最大コンピューティングユニットのサーバーレス環境プロパティ値に基づいて増減できます。単純なジョブには小さい値を指定し、複雑なジョブには大きい値を指定することができます。動的マッピングタスクの[最大コンピューティングユニット]プロパティ値は、サーバーレス環境の[タスクごとの最大コンピューティングユニット]値以下である必要があります。
[タスクタイムアウト]プロパティを使用すると、[タスクタイムアウト]サーバーレス環境プロパティの値に基づいて、ジョブが終了する前にジョブの完了を待機する時間を分単位で増減できます。