目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マスキングタスクの設定のルールおよびガイドライン

マスキング
タスクの設定のルールおよびガイドライン

マスキングタスクを実行するときは、次のルールおよびガイドラインに考慮します。
  • Secure AgentにはSalesforceサーバーへのサクセスがなければなりません。
  • データサブセットプロパティを含むタスクにはステージング接続が必要です。H2データベース上にステージング接続を作成できます。
  • バッチ処理を改善するには、Secure Agentのカスタム構成の詳細の
    EnableSalesForceStagingResponse
    フラグを構成し、TRUEに設定します。
    1回のクエリで大量のデータを読み込む必要のあるバルク操作では定期的に接続リセットが発生する可能性があります。接続のリセットによってタスクが失敗する可能性があります。バッチ処理が改善されることにより、タスクの実行中に接続がリセットされる可能性が軽減されます。