目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マッピングタスク

マッピングタスク

マッピングまたはVisioテンプレートで定義されたデータフローロジックに基づいてデータを処理するには、
マッピング
タスクを使用します。
マッピング
タスクを作成するときに、使用するタスクのマッピング
またはVisioテンプレート
を選択します。
マッピング
タスクを作成する前に、タスクで使用するマッピング
またはVisioテンプレート
を用意しておく必要があります。または、テンプレートを使用して
マッピング
タスクを作成することもできます。
Visioテンプレートには、ソース接続とターゲット接続のテンプレートパラメータが含まれています。またVisioテンプレートには、フィルタ条件やルックアップ接続などの他のテンプレートパラメータが含まれていることもあります。
マッピングにパラメータが含まれている場合は、タスクを構成するときにパラメータを定義するか、またはタスクを実行するときにパラメータを定義します。
マッピング
タスクでは、データフィルタ、式、およびルックアップ式にユーザー定義パラメータを使用できます。ユーザー定義パラメータは、タスクに関連付けられているパラメータファイルで定義します。
実行時に、
マッピング
タスクは、マッピング
またはVisioテンプレート
のデータフローロジック、タスクで定義されているパラメータ、およびパラメータファイルのユーザー定義パラメータ(存在する場合)に基づいてタスクデータを処理します。