目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マスキングタスクのスケジュール

マスキング
タスクのスケジュール

マスキング
ページから、
マスキング
タスクを実行するときに設定します。
  1. [スケジュール]
    ページで、スケジュールに従って
    マスキング
    タスクを実行するか、スケジュール設定なしで手動で実行するかを選択します。
  2. スケジュールでタスクを実行する場合は、リストからスケジュールを選択するか、
    [新規]
    をクリックして新しいスケジュールを作成します。
  3. マスキング
    タスクを実行するには、タスクを実行するSecure Agentを含むランタイム環境を選択します。
    クラウドランタイム環境を使用して
    マスキング
    タスクを実行することはできません。
  4. 必要に応じて、タスクをサーバーレスランタイム環境で実行する場合は、サーバーレス使用プロパティを設定します。
  5. 複数のソースオブジェクトを選択した場合、データサブセットオプションを設定します。データサブセット操作を実行するステージング接続を選択します。ステージング接続を設定し、ステージングデータベースサービスを開始します。
  6. 必要に応じて、タスクにエラー行がある場合でもステージングテーブルを削除するには、
    [ステージングテーブルの削除]
    を選択します。
  7. 電子メール通知オプションを選択します。
  8. 必要に応じて詳細オプションを設定します。
  9. APIバージョンが32.0以上の場合、必要に応じて詳細Salesforceオプションを設定します。
  10. [保存]
    をクリックして保存し、タスクを開いたままにするか、
    [完了]
    をクリックして保存し、タスクを閉じます。