目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

マスキングタスクの設定

マスキング
タスクの設定

マスキング
タスクを設定すると、データマスキングをソースに適用し、データサブセットを作成できます。
マスキング
タスクを設定するには、次の手順を実行します。
  1. マスキング
    タスクを定義します。
  2. ソースを設定します。
  3. ターゲットを設定します。
  4. データサブセットを設定します。
  5. データマスキングルールを定義します。
  6. マスキング
    タスクをスケジュールします。
マスキング
タスクを設定すると、必要なすべてのプロパティを入力した後で作業を保存できます。以下のいずれかのオプションを選択することができます。
  • 保存。
    マスキング
    タスクを保存し、開いたままにします。
  • 完了。
    マスキング
    タスクを保存して閉じます。
  • キャンセル。
    マスキング
    タスクを閉じると、最後に保存した後に加えた変更は破棄されます。