目次

Search

  1. はじめに
  2. Data Integrationタスク
  3. マッピングタスク
  4. 動的マッピングタスク
  5. 同期タスク
  6. データ転送タスク
  7. レプリケーションタスク
  8. マスキングタスク
  9. マスキングルール
  10. PowerCenterタスク

タスク

タスク

PowerCenterタスクの実行

PowerCenterタスクの実行

PowerCenterタスクを実行する前に、次のタスクを実行します。
  • ソースおよびターゲットの定義が最新であることを確認します。ソースまたはターゲットに、フィールドマッピングでマッピングされているフィールドが含まれない場合、PowerCenterタスクは失敗します。
  • PowerCenterワークフローで$PMSourceFileDir\変数または$PMTargetFileDir変数を使用して、ソースまたはターゲットファイルのディレクトリの場所を指定する場合、ソースまたはターゲットファイルを次のディレクトリにコピーする必要があります。
    <Secure Agentのインストールディレクトリ>/apps/Data_Integration_Server/data
    ソースまたはターゲットファイルを移動しない場合、タスクは失敗します。
  • PowerCenterワークフローでパラメータファイルを使用する場合は、パラメータファイルのヘッダーを
    データ統合
    のプロジェクト名とタスク名で更新します。Secure Agentがアクセスできる場所またはクラウドでホストされているディレクトリにパラメータファイルが保存されていることを確認します。パラメータファイルの詳細については、「
    マッピング
    」を参照してください。
PowerCenterタスクの複数のインスタンスを同時に実行することはできません。すでに実行されているPowerCenterタスクを実行すると、PowerCenterタスクは失敗します。
PowerCenterタスクは、手動またはスケジュールで実行できます。
  • PowerCenterタスクを手動で実行するには、
    [参照]
    ページでタスクに移動します。タスクが含まれている行で、
    [アクション]
    をクリックし、
    [実行]
    を選択します。
    また、
    [タスクの詳細]
    ページからPowerCenterタスクを手動で実行することもできます。
    [タスクの詳細]
    ページにアクセスするには、
    [アクション]
    をクリックし、
    [表示]
    を選択します。
  • PowerCenterタスクをスケジュールに従って実行するには、PowerCenterタスクウィザードでタスクを編集して、タスクをスケジュールに関連付けます。